バナースタンドを利用して商品の魅力を伝える|キラキラ商品の宣伝

女性オペレーター

カタログスタンドの種類

フライヤー

カタログスタンドはサイズが重要

昔のカタログスタンドは、棚の上に平らに置いていました。今はカタログを立てて置くタイプが一般的です。昔に比べて取りやすくなったと言われています。カタログスタンドは、デザイン性や機能性を兼ねているもので、あるととても便利です。カタログスタンドには、さまざまな種類があります。お店の雰囲気や大きさに合わせて選ぶと良いそうです。オンラインショップで販売していて、品数も豊富です。ひとつのオンラインショップだけでなく、いくつかのショップを見て選ぶようにします。そして、気を付けなくてはならないのがサイズです。サイズをよく確認せずに購入してしまう人も多いようです。お店や会社の広さに合った商品を選ぶようにします。

ダンボール素材の商品が増える

カタログスタンドは会社をアピールするためのパンフレットを置いたり、お店で販売する雑誌を置いたりします。折り畳み式のものやキャスターがついたもの、看板がつけられるタイプもあるそうです。ポップで派手なデザインもたくさんありますが、飽きることがないシンプルなタイプが人気のようです。最近は、ダンボール素材で作られたカタログスタンドがトレンドとなっています。ダンボール素材なので、軽くて持ち運びに便利です。移動させるときも楽だと言われています。ダンボール素材のカタログスタンドは、一見ダンボールと分からないくらいしっかり作られています。環境に取り組む今の時代、ダンボール素材を使った商品が増えると予測されているようです。